スポンサードリンク






スズキ

試運転で取り繕いを発見(スズキ キャリィ DA63T)

DSC_4459.JPG

オーバーヒート修理でお預かりしていますスズキ キャリィの原因はサーモスタットの開弁不良でした。


平成17年式 LE-DA63T K6A 3AT 走行距離 238,000km


鍋で煮込むとサーモスタットの全開位置まで開きますが、新品と比較すると明らかに開弁速度に鈍さが見られます。88℃の比較的高温域で動作するサーモスタットですから、開弁速度の低下も暑い季節には影響が大きそうです。部品交換後の水温確認は、水温計が備わらないため、外部診断機で水温センサーの出力をモニターします。

オーバーヒート回避を目的に低温動作のサーモスタットへの変更される例があるようですが、エンジン設計の動作温度が変更されることになりますので、基本的には行いません。


DSC_4464.JPG

さて、試運転中、路面凹凸通過時に気になったフロント左右から聞こえる異音はロワーアームボールジョイントからでした。

目視点検ではブーツ破れもなく正常に見えますが、点検では大きなガタつきが確認できます。

弾力のある破れのないブーツをめくると、中部は錆と水分でいっぱい。ブーツの破れは保安基準不適合で車検に合格しませんから、腐食、損傷が見られた状態にもかかわらず、過去に何処かで取り繕ったのでしょうか?

DSC_4466.JPG

サスペンションの重要部位で、最悪完全脱離して走行不能になる個所です。

スズキは純正でブーツとグリースの補修パーツを供給していますが、交換か修理かの見極めと、このような発見の遅れがちな取り繕いには特に注意が必要です。







もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

スズキ

予防整備について日々思うこと(スズキ エブリィ、キャリィ)

DSC_4460.JPG

暑い時期になるとオーバーヒートの兆候がみられる場合、冷却系統の各部点検が必要です(冷却系統トラブルで入庫中のエブリィとキャリィ)。

こちらの写真は、定番と言ってよいと思いますが、スズキ エブリィ、キャリィのエンジン側プレッシャーキャップの破損です。

DSC_4458.JPG

樹脂(ポリアミド)が劣化して内部スプリングの力を支えきれずに壊れます。

両車両とも、定期的に点検・予防的に交換しているものですが、予想より早く痛む例があります。


バキュームバルブが備わるキャップ中央が破損すると圧力弁の役割が無くなりますので、高温になる座席下のエンジンルーム上部の水路は、暑い季節に蒸気圧沸点を超え、リザーブタンクにクーラントが吹き返すことがあります。

暖気後にリザーブタンクのクーラントレベルが大きく上昇する場合は、こちらのキャップの点検と、もちろん直下のサーモスタットの機能点検が欠かせません。

熱負荷の大きい座席下ですから、同じような構造のプレッシャーキャップでも、ラジエータに備わるものとは寿命が大きく違うようです。


(ラジエータ側のプレッシャーキャップ。緑の丸シールはメーカー対策の印でしょうか?)
DSC_4457.JPG

当初、バキュームバルブがあったエンジン側プレッシャーキャップは、近年構造が変更され、バキュームバルブが廃止されました。

予告なき変更は、この例に限ったことではありませんが、変更の理由や改善の目的など、修理に携る者へ情報提供がほとんどないことを残念に思います。







もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

ホントの話

お礼とご報告



ブログランキング20160729.jpg



皆様にご報告申し上げます。

当ブログは、開設して10年を経、本日seesaaブログのカテゴリー別アクセスランキングの首位になることができました。

そして、記事数は来月に1000を超える見込みです。
たくさんの読者の皆様、直接ご来店いただきましたお客様に支えられ、今まで書き続けることができました。

これからも色々な切り口で情報を発信していこうと思いますので、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。この場をお借りして皆様に厚く御礼申し上げます。






もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

スズキ

軽自動車専用レグノ(ブリヂストン REGNO GR-Leggera)

DSC_4403.JPG

レグノGR-XIを装着したプリウスαの乗り心地がとてもよいので、もう一台の軽自動車スズキ ラパンにも是非レグノを、とご注文を承りました。


平成21年式 CBA-HE22S K6Aターボ CVT 走行距離 60,000km


当方で軽自動車専用レグノを装着するのは初めてです。

組み合わせるホイールは高精度のBBSですが、やはり入念に計測をすることにしました。


近年のブリヂストンタイヤにはRFV(ラジアルフォースバリエーション)マークと言われる高剛性点(赤いユニフォミティマーク)がありません。製造時には全数検査しているはずですが、アフターマーケットで軽点(黄色いユニフォミティマーク)合わせが慣習となっているためでしょうか。

そして、最近気が付いたのですが、現行プリウスやアクアに新車装着されているブリヂストン製タイヤには赤いRFVマークがあります。RFV優先で組む方がはるかに綺麗に回転するタイヤが組めますから、是非メーカー様には赤点復活をお願いしたいと思います。

さて、まずはホイールのローポイントを計測します。

DSC_4404.JPG

ここにタイヤのRFVマークを合わせるのですが、マークがありませんのでRRO(ラジアルランアウト、形状的に一番盛り上がった部分)を計測してRFVの代わりとします。厳密にはRFV(低速・高速)とRROにはきっちりした相関がないのですが、RROとホイールのローポイントを合わせたときの回りの滑らかさを見ると、全く関係がないとは言えないなと感じるのです。

適当に組んだタイヤはこのようにホイールのローポイントと、RROが逆の位置になることもあります。重量バランスをいくら調整しても、バランサーに掛けるとタイヤは目視でわかるくらい大きく縦に振れました。

DSC_4416.JPG

ホイールとタイヤの位相を見直し、ローポイントとRROを合わせてバランサーにかけると、回転しているのがわわからないくらい綺麗に回るタイヤセットができるのです。結果的にバランスウエイトが小さくなることも珍しくありません。


DSC_4409.JPG


試運転で一番感じるのはハンドルの切りはじめの手応えと、戻りの良さです。

静粛性は期待が高かったので、予想に反することはありませんでしたが、ここまでハンドル操作が楽しいとは思いませんでした。逆に言うと直進性にすごく優れているということですから、軽自動車でも長距離運転が楽になると思います。

装着後のご感想をお待ちしております。この度は楽しい作業のご依頼、誠にありがとうございました。







もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

スズキ

リフトアップの光と影(スズキ エスクード 2.5インチリフト)

adf1c59066.jpg

シベリアの大都市、ナバシビールスク(Новосибирск)からスズキ エスクードのリフトアップキットを取り寄せました。

彼の地では、四輪駆動車のアフターマーケット部品が豊富にあり、国内では作っていないようなものがうまく見つかる場合があるようです。

セットの内容は、フロントストラットアッパーマウントスペーサ、リアコイルスプリングスペーサ、キャンバー補正ボルトで、実測37mmのリフトアップが手軽に行えるというものです。


フロントはこのようにアッパーマウントに装着します。

d380766609.jpg

赤いコイルスプリングは、今回の作業前に組まれたトヨシマ製30mmリフトアップで、合計2.5インチのリフトアップになりました。

b6b8f82c6d.jpg

リアはコイルスプリングスペーサを取り付けますので、構造上、ショックアブソーバの伸び側ストロークを調整するため、汎用の延長ブラケットを組み、アブソーバ伸び切りを防止します。

646b95f023.jpg


バランスの取れたノーマルの足回りを大きく改変するわけですから、各部に不具合や負担が生じます。

例えばリアのブレーキホースです。

be65169975.jpg

サスペンションが一番伸びた状態では長さが足りず、写真のように屈曲が大きすぎます。走行中は路面の状況次第でこの部分に繰り返し負担がかかりますから、長いブレーキホースに交換しなければいけません。

アライメントについては、フロントは付属のキャンバー補正の細いボルトを使い、リアは、トーコントロールロッドとロワーアームのそれぞれボディ側の偏芯カムボルトの調整範囲で、静地状態のキャンバー、トーは概ね違和感のないものにできました。

1466f21480.jpg

リフトアップで猛々しい外観と、悪路走破性を得て、ノーマルの調和を失います。気の遠くなるような調整作業や工夫が必要でしょう。しばらく走行して初めてわかる不調も今後あると思います。

304ba5555a.jpg

リフトアップした時、それは、一旦崩したバランスをどこでどのように釣り合わせて問題を少なくできるかという課題に取り組む出発点。

それはローダウンも同じです。ローダウンだけでノーマルより高い運動性能が得られることなど、決してないのです。







もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

スズキ

後付け自動車部品の合法性(シュノーケル、ウインチ)

DSC_4369.JPG

24ヶ月点検と継続検査代行でお預かりしてますスズキ エスクードです。


平成19年式 CBA-TD54W J20A 5MT 走行距離 186,000km


後付け部品装着状態で継続検査を受検する際、その部品が「指定部品」に該当するかどうかの確認がまず大切です。


以下、独立行政法人 自動車技術総合機構 のWebサイト内、よくある質問(FAQ):後付け自動車部品関係の引用です。

『指定部品とは、自動車使用者の嗜好により、追加、変更等をする蓋然性が高く、安全の確保、公害の防止上支障がないものとされている自動車部品として、「自動車部品を装着した場合の構造等変更検査等における取扱いについて(依命通達)」(平成7年11月16日付け運輸省自動車交通局長通達自技第234号・自整第262号)に規定されており、この部品をボルトや接着剤などで装着する場合は、自動車検査証の記載事項の変更手続を行わなくても良いとされています。
ただし、「指定部品」であっても、これらの自動車部品を装着した自動車は、「道路運送車両の保安基準」に適合するものでなければなりません。』


まず、フロントバンパー内に格納されたウインチは指定部品です。

DSC_4368.JPG

車両の全長を超えて取り付けられていますが、車検証情報の記載変更の必要はありません。


次に、フロントピラーに配置したシュノーケルです。エンジン吸気口を車体上方に移設する空気導入管です。残念ながら「シュノーケル」という名称の指定部品はありません。

DSC_4365.JPG

独立行政法人 自動車技術総合機構 京都事務所の方にシュノーケルの機能の説明をしたところ、ターボ車などのボンネットフードに空気導入のために装着されている「フードスクープ」の一種と解釈いただき、車両の全幅を超えていますが、記載変更の必要はありませんでした。

DSC_4367.JPG


尚、シュノーケル直後のサイドマーカーは、視認用件を満たしています。

DSC_4370.JPG

継続検査代行でお預かりしたお車は、このように1台1台、合法性の確認を行っています。








もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

ホントの話

タイヤ選びの参考に(特許・実用新案)


特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)で特許・実用新案情報の検索をしてみました。

ブリヂストン:31184件
横浜ゴム  :12669件
住友ゴム工業:12100件
東洋ゴム工業:7282件


そして、製品としてのタイヤの重要な指標、「ユニフォミティ」は746件ヒットし、タイヤメーカー毎の内訳は

ブリヂストン:191件
横浜ゴム  :181件
住友ゴム工業:165件
東洋ゴム工業: 51件


知的財産の件数と製品品質に直接的な相関はないかもしれません。しかし、市場に流通する製品と今回検索したデータの興味深い関係。


↓意外に知られていないタイヤのRFVマークとホイールのローポイントを合わせて組む方法です。最近のブリヂストン製タイヤにはRFVマークがありません。しかし新車装着のブリヂストンタイヤにはRFVマークがあるのです。タイヤに限ったことではありませんが、知らないことがたくさんありそうです。
DSC_4011.JPG








もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

スバル

水切りモールのリフレッシュ(スバル R2)

DSC_4337.JPG

ドアパネル上端のサイドガラス下方に接する部分には、通称「水切りモール」といわれる機能化粧パーツが取り付けられます。

経年で表面が傷みやすい上、目に留まりやすい部分ですから、今回リフレッシュすることにしました。


平成16年式 CBA-RC1 EN07 CVT 走行距離 80,000km


フロントドアの水切りモールはドアミラーの下まで通っていますので、ドアの内張りとドアミラーハウジングを離脱します。

DSC_4333.JPG

そして外側に回って、ドアパネルに強力に勘合されたモールを慎重に取り外します。

DSC_4335.JPG


長年堆積した汚れを清掃。

DSC_4336.JPG


リアドアにつきましては、内張り離脱と同時作業で、純正オプションのリアスピーカーキットを装着しました。

DSC_4331.JPG

スピーカー配線も純正でキット化されていて、前席シートベルトが格納されるセンターピラー内部で中継します。

DSC_4332.JPG

カーオーディオやステップのカバーなどは、配線施設を容易にするため取り外しました。

DSC_4328.JPG

とても綺麗にお手入れされているR2は、ベルトモールが新しくなり、新車のように引き締まりました。

DSC_4339.JPG

車齢12年で走行距離8万キロ、まだ折り返し点手前だと思います。末永くお付き合いいただけると大変うれしく思います。


↓猛暑に負けないスタミナを。贅沢は安価でも手に入ります。





もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

三菱

四輪駆動車にランチョを(PD6W 三菱デリカ)

走行時路面の凹凸通過時にリアからガチャガチャと異音が出るとのことでお預かりした三菱デリカ スペースギアです。


平成17年式 GH-PD6W 6G72 4AT 走行距離 119,000km




点検の結果は上の動画の通りです。リアショックアブソーバの上側ブッシュが完全に脱落していて金属同士が干渉していました。

取り外すと、下側のブッシュにも大きな亀裂が入っています。

DSC_4307.JPG

こちらのショックアブソーバのラバーブッシュはウレタン製ですから、劣化(加水分解)が進むと大きな亀裂が入って砕けます。そして金属の筒のみになってしまうのです。

DSC_4308.JPG


お客様との相談の結果、ブッシュのみの交換ではなく、新しいショックアブソーバを交換することにしました。概ね10万キロ使用されたそうです。

部品が入荷するまで、適当なウレタンラバーを加工して応急処置します。

DSC_4309.JPG


そして、本日新品のランチョが到着。とっても懐かしいです。

PAP_0001.JPG

白いシェルケースに赤いダストブーツがランチョのカラーリングと思っていましたが、仕様変更された9段調整のランチョは窒素ガス封入式(以前のものはオイルダンパーだったようです)で、シェルケースはシルバーでした。

4WD車のショックアブソーバの代名詞的存在のランチョ。未舗装悪路と舗装路で特性を大きく、そして簡単に変更できるこのような調整式アブソーバが断然有利だと思います。

装着がとても楽しみになってきました。







もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓

日産

20年を愛車と共に(サニーカリフォルニア WFY10)

DSC_4278.JPG

「そろそろこの車もダメかな… と、毎回見てもらう前に思うのですが、見てもらった後は本当に安心して車に乗る事ができます。」

大変遠方のご自宅に無事帰着され、早速うれしい感想を頂戴しました。


平成7年式 E-WFY10 GA15DS 4AT 走行距離 229,000km

DSC_4268.JPG

オーナー様の愛情が注がれ続け、内外装はもちろん、エンジンルームの隅々まで綺麗に手入れされたサニーカリフォルニアとは、約4年のお付き合いになります。

とても丁寧な運転操作をされている様子で、各部の痛みは実走行距離の半分ほど。

DSC_4279.JPG

特にこのキャブレータ式最終モデルのWFY10は、電子制御の介入がほとんどなく、各部の材質や構造が高耐久で故障の心配がほとんどありません。長い国産自動車の歴史の中で、品質が極大となった象徴的時代だったといえるでしょう。


継続検査をユーザー様ご自身で受検されるのも、今回で3回目だそうです。できることは積極的に関わりたいというお考えに感銘を受けました。今回も特別な不適合箇所なく、僕が点検整備を終えた翌日に受検されました。

唯一の不調、シフト操作が重くなったと感じられたのは、トランスミッション側のシフトワイヤー取付部の樹脂の劣化でした。

DSC_4273.JPG

DSC_4292.JPG

内装部品の一部を取り外すだけで簡単に交換できるワイヤーケーブルは、この年式であっても注文の翌日には到着します。

DSC_4271.JPG

一生懸命お手伝いさせていただきますので、愛車とのお別れなどあまり気になさらず、常によいコンディションで末永くお付き合いいただければ、僕はとてもうれしく思います。







もう登録はお済みですか?
あなたの知らない安全快適な一般道走行ノウハウを配信中!!

point11_2.gifメルマガ版『車の修理屋 たけしくん』 購読(無料)
バックナンバータイトル一覧 dogezas.gif



↓↓ポルトガル発 AFN 本格的4X4用品お取り寄せ ご相談ください↓↓